便秘に効果てきめんの「桃花スリム」、妊娠中や授乳中でも飲めるの?

便秘で困っているという女性はとても多いと思います。

そんな便秘で悩む女性の心強い味方が「桃花スリム」です。

 

桃花スリムはその便秘解消効果の高さから口コミで人気を集めているお茶で、便秘の解消は言うまでもありませんが抗酸化作用が高く美容成分も豊富に含まれているなど、女性にとっても嬉しいことづくめの魅力的な商品です。

 

「どんなに効果があっても味がマズいのはちょっと・・・」と思っている人もいると思いますが、桃花スリムは味も美味しくて大変飲みやすいと好評です。

 

女性は妊娠中や授乳中に便秘になってしまうことも多く、そんな時でも飲むことができれば便秘も怖くありませんよね。

 

実際妊娠中や授乳中でも桃花スリムを飲むことはできるのでしょうか?

結論から言えば、妊娠中に桃花スリムを飲むのはよくないとされています。

 

実際に桃花スリムを飲んだ人の個人的なブログやサイトを見ると「ノンカフェインなので妊婦さんでも安心!」とか「妊娠中の便秘が解消されました!」などの口コミも書かれている桃花スリムですが、実は妊娠中や授乳中、さらにはアレルギー体質の人は飲まないほうが良いとされています。

 

もしも本当に妊娠中や授乳中でも飲んで大丈夫なものであれば、公式サイトにもそのように記載されているはずですが、桃花スリムの公式サイトにはそのような記載は一切ありません。

 

※調査時には記載されていませんでしたが、現在では記載されています。
桃花スリムの公式サイトはこちら

 

またノンカフェインという情報も正確なものではありません。
公式サイトで確認すると、桃花スリムは紅茶が原材料に用いられているため当然カフェインも含まれています。

 

しかし妊娠中にカフェインを絶対にとってはいけないというわけではありませんから、カフェインが含まれているという理由だけであれば、妊娠中に飲んではいけないということはないと思います。

 

桃花スリムに含まれているカフェインはそれほど多くありませんので、「それなら妊娠中でも問題なく飲めるのでは?」と思う人もいるかもしれません
しかし実は桃花スリムに含まれているハーブの成分には子宮収縮作用を持つものがあり、そのため妊娠中は飲めないとされているのです。

 

桃花スリムにはキャンドルブッシュ・マクイベリー・しょうが・ローズヒップ・バラ花・ハニーブッシュ・ハイビスカス・ルイボス・ハトムギ・黒大豆・ゴボウ根・柿葉とい1う12のハーブ成分が含まれていますが、この中で妊娠中は摂取を注意すべきだと言われているのがキャンドルブッシュと、ハトムギ、マクイベリー・バラ花の4つです。

 

キャンドルブッシュには下剤にも使用される植物由来成分クリソフェールが含まれており、子宮収縮作用があります。
マクリベリーは、アレルギー体質や妊娠中、授乳中の場合医師に相談したうえで摂取する必要があるとされています。

 

その他バラ花には花粉が含まれている可能性があるため妊娠中の摂取は望ましくないほか、ハトムギは多量に常用すると子宮収縮作用があるため流産や早産の危険性が高まると言われています。

 

実際に桃花スリムのお客様相窓口で問い合わせてみても、具体的にどの成分が妊娠中に悪影響を及ぼす可能性があるのかまでは言及していないようです。
しかし「桃花スリムに含まれるハーブ成分が妊娠中には良くない」という返答をされるため、妊娠中には良くないことは確かだと言えます。

 

 

このように便秘解消に大変効果のある桃花スリムですが、やはり妊娠中は授乳中に飲むというのはいろいろなリスクが伴う可能性が高いため控えた方がよさそうです。

 

便秘も苦しいのは確かですが、妊娠中や授乳中は積極的に食物繊維をとるなど極力副作用のない方法で便秘を解消するようにしましょう。

 

桃花スリムを飲むのは、出産や授乳が終わってからにするとよいでしょう。